CEDEC 2018セッション内容のご紹介「ゲーム開発に最適なサーバーサイドKotlin 〜Kotlinの導入と基盤ができるまで〜」

こんにちは、サーバーエンジニアの竹端です。

この度、2018年8月22日(水)〜24日(金)で行われるCEDEC 2018に、登壇させていただくことになりました。

そこで、今回はみなさんにそのセッションへ興味を持っていただくべく、内容やポイントを簡単にご紹介したいと思います。

タイトル

ゲーム開発に最適なサーバーサイドKotlin 〜Kotlinの導入と基盤ができるまで〜

日時

8月24日(金) 17:50 〜 18:50

セッションの内容

アプリボットではこれまでJavaでサーバーサイドの共通基盤を作成し、ゲームを開発してきました。

その中で昨年、サーバーサイドKotlinに大きな可能性を感じ、今後使用していく言語として選択しました。

現在はJavaで書かれていた基盤もKotlinへと移行し、プロダクトを開発しています。

Android開発の公式言語として話題になっているKotlinですが、なぜサーバーサイドの言語として導入に踏み切ったのか?

その理由とJavaからの移行時に考えるべきポイント、今後の展望などについて事例とともにご紹介します。

セッションのポイント

なぜサーバーサイドKotlinを導入するのか?

なぜKotlinをサーバーサイドの言語として選んだのか?

その理由をKotlinの特徴、ゲーム開発で使用することの有用性とともにご紹介します。

Kotlin導入の流れ、問題点

既存のJavaコードを移行するに当たり実施した、サードパーティライブラリの検証や、コード変換時の注意点についてご紹介です。

検証結果や、実際のコードを交えて説明します。

今後の展望

アプリボットでは、Kotlinを使って今後様々なチャレンジをしていこうと思っています。その中の一部の内容を、こちらでご紹介します。

Kotlinではまだあまり事例のないことにも、挑戦しようとしています。

なぜこのセッションをやるのか?

セッションの内容でも書いているように、弊社ではこのサーバーサイドKotlinに大きな可能性を感じ、導入を進めてきました。

しかし、Android開発の言語としてはすっかりおなじみになってきたKotlinですが、サーバーサイドの言語としての実績はまだまだ少ないです。

そこで、今回CEDECという大きなイベントで発表することで、ゲーム業界でもKotlinが選択される機会が増えればと思い、登壇することを決めました。

最後に

興味を持っていただけましたでしょうか?

Kotlinに興味のある方、ゲームのサーバーサイドの事例を知りたい方、当日は是非足を運んでいただければと思います。

会場で楽しみにお待ちしております!

また、今回アプリボットからは、この他にも2組が登壇させていただきます。

8月22日(水) 17:50 〜 18:50

ゲーム×教育へのチャレンジ~ゲーム会社が子供向けオンラインプログラミング学習サービスを創る理由とは~

8月23日(木) 11:20 〜 12:20

ROAS倍増の実例も!事業を伸ばすデジタルマーケティング

こちらも併せて、ご興味のある方は是非お越しください !