UnityIAP subscription 対応時の備忘メモ

はじめに

リトルチャンピオンズ では、定期購読型(subscription)課金実装にUnityIAPを使用しました。

今回はその実装を行った際の知見を紹介したいと思います。

subscription以外の実装例については前回の記事 を参照ください。

また、サーバー側の実装についてはこちらの記事 を参照ください。

続きを読む “UnityIAP subscription 対応時の備忘メモ”

アプリボットに入って〜新卒二年目のサーバーサイドエンジニア〜

初めまして、サーバーサイドエンジニアの田中です

社会人になりそろそろ1年、アプリボットに配属されて10ヶ月が経とうとしています。

現在は弊社からリリースされているゲームのサーバーサイドエンジニアとして日々頑張っています。

今回は、入社してアプリボットに配属されてからの10ヶ月間を振り返ります。

続きを読む “アプリボットに入って〜新卒二年目のサーバーサイドエンジニア〜”

技術の共通・共有・標準・基盤化組織「A.R.T.」のビジョン

アプリボットでは横軸で技術を共有、共通化、標準化、基盤化、するための 「A.R.T.(Applibot Root Technologies)」 という組織があります。

本記事ではこの組織についてご紹介します。

続きを読む “技術の共通・共有・標準・基盤化組織「A.R.T.」のビジョン”

ElectronやGASでイラスト管理をお手軽にした話

お久しぶりです。早いもので3年目も終わりが近いエンジニアのzawaです。

久しぶりに出てきて何について書くのかというと、弊社の施策「CR」でzawaが(勝手に)作った社内ツールについてです。制作の経緯や、こういったツールを作ることの大事さ、楽しさが少しでも伝わればと思います。 続きを読む “ElectronやGASでイラスト管理をお手軽にした話”

なぜサーバーサイドKotlinを導入するのか?

アプリボットでは現在、新規開発のプロダクトでサーバーサイドの言語としてKotlinを導入しています。

これまではJavaを使用してきたので、新しいチャレンジになります。

今回はなぜKotlinを導入するに至ったか、ご紹介します。

続きを読む “なぜサーバーサイドKotlinを導入するのか?”

新米パパエンジニアの仕事事情

子どもが生まれたことにより、働き方が変わる(べきな)のは決して女性だけではありません。

この記事では、パパになったエンジニアが子どもが生まれる前と生まれた後でどのように働き方が変わったかと、働き方の多様性についてお話したいと思います。

続きを読む “新米パパエンジニアの仕事事情”

ブラウザゲーム開発に使えるJavaScript製物理エンジンp2.jsを使ってみる

こんにちは。フロントエンドエンジニアの鈴木です。

最近は、「楽天ゲームズ」や「Yahoo!ゲーム ゲームプラス」といったブラウザでできるゲームプラットフォームが多く出てきている印象があります。これはWebGLなどのテクノロジーに対応するブラウザが増えてきたことと、デバイスの性能が上がってきて実行環境が整ってきていることなどが、要因のひとつかと思います。

ブラウザでも、offline対応やpush通知などができるServiceWorkerといったテクノロジーなどを利用していけば、ブラウザベースとネイティブとの差がどんどん縮まって行くと思いますので、今後のブラウザベースゲームの動向が気になるところです。

 

今回はそんなブラウザベースでゲーム開発をする上で使用することができる、p2.jsというJavaScript製 2D physicsエンジンを使ってみたいと思います。

続きを読む “ブラウザゲーム開発に使えるJavaScript製物理エンジンp2.jsを使ってみる”

アプリボット技術ボードの歴史

現在アプリボットでは現在、「技術ボード」と言う組織が存在します。

技術ボードは社内の技術的な問題や、エンジニアの働く環境についてプロジェクトを横断して考える組織で、社内の選抜されたエンジニアで構成されています。

今回はその技術ボードについて、発足から現在に至る歩み、今後の未来への展望をご紹介したいと思います。

 

続きを読む “アプリボット技術ボードの歴史”