CEDEC 2018セッション内容のご紹介「ゲーム開発に最適なサーバーサイドKotlin 〜Kotlinの導入と基盤ができるまで〜」

こんにちは、サーバーエンジニアの竹端です。

この度、2018年8月22日(水)〜24日(金)で行われるCEDEC 2018に、登壇させていただくことになりました。

そこで、今回はみなさんにそのセッションへ興味を持っていただくべく、内容やポイントを簡単にご紹介したいと思います。

続きを読む “CEDEC 2018セッション内容のご紹介「ゲーム開発に最適なサーバーサイドKotlin 〜Kotlinの導入と基盤ができるまで〜」”

【サーバーサイドKotlin】関数型インターフェース、SAM変換について

はじめに

今回はKotlinでの関数型インターフェースの扱い、SAM変換という機能についてご紹介します。

Javaを呼び出すことができるKotlinならではの問題で、最初は理解するのになかなか時間がかかりました。

続きを読む “【サーバーサイドKotlin】関数型インターフェース、SAM変換について”

【サーバーサイドKotlin】データクラスの継承について

はじめに

以前の記事でもご紹介した通り、現在アプリボットでは新たなサーバーサイドの言語として、Kotlinの導入を進めています。

これまで主にJavaで作っていた基盤をKotlinに置き換える作業をしており、その中で引っかかった問題点を随時ご紹介していきたいと思います。

今回はKotlin独自の機能の一つである、データクラスについてのお話です。

続きを読む “【サーバーサイドKotlin】データクラスの継承について”

なぜサーバーサイドKotlinを導入するのか?

アプリボットでは現在、新規開発のプロダクトでサーバーサイドの言語としてKotlinを導入しています。

これまではJavaを使用してきたので、新しいチャレンジになります。

今回はなぜKotlinを導入するに至ったか、ご紹介します。

続きを読む “なぜサーバーサイドKotlinを導入するのか?”

アプリボット技術ボードの歴史

現在アプリボットでは現在、「技術ボード」と言う組織が存在します。

技術ボードは社内の技術的な問題や、エンジニアの働く環境についてプロジェクトを横断して考える組織で、社内の選抜されたエンジニアで構成されています。

今回はその技術ボードについて、発足から現在に至る歩み、今後の未来への展望をご紹介したいと思います。

 

続きを読む “アプリボット技術ボードの歴史”

DBUnitを用いた単体テスト基盤について

こんにちは。今回は、 グリモア~私立グリモワール魔法学園~ で使用している単体テスト基盤についてご紹介します。

このテスト基盤は、Javaのサーバーサイドの単体テストをJUnitを用いて行う際に使用されています。

この記事では、単体テスト基盤を導入する前にあがっていたテストデータの管理とテストデータの切り替えの問題点と、問題解決のために開発された、単体テスト基盤のコンセプトと実装についてご紹介します。

続きを読む “DBUnitを用いた単体テスト基盤について”