Browse Author

sz

ネイティブ(クライアント)サイドのエンジニアです。 業務ではUnityとかCocos2d-xとかiOSとか触ってます。

新米パパエンジニアの仕事事情

子どもが生まれたことにより、働き方が変わる(べきな)のは決して女性だけではありません。
この記事では、パパになったエンジニアが子どもが生まれる前と生まれた後でどのように働き方が変わったかと、働き方の多様性についてお話したいと思います。

Keep Reading

非エンジニアのプログラミング研修

2017年4月にアプリボットに配属されたビジネス職の新卒社員に対して、プログラミング研修を実施しました。実施してみて、非常に良い結果を得られたので、非エンジニアがプログラミングを学ぶメリットと、どのような研修を行ったのかをご紹介したいと思います。 Keep Reading

Applibot Engineer Vision

アプリボットではエンジニアから代表者を選抜した「技術ボード」という横軸の組織があります。

この技術ボードでは、日々の社内で発生する技術的な課題への取り組みを中心に活動していましたが、中長期を見据えて、エンジニア組織としてのあり方、エンジニアとして経営課題にどう向き合っていくか、等についても話し合いを始めました。

Keep Reading

AssetBundle設計コトハジメ

Unityの開発で動的にリソース(Asset)の更新を行う場合、AssetBundleを利用するのが主流だと思います。
今回は比較的規模が大きく、アプリケーションのアップデートをせずにリソース(Asset)を更新する仕組みを実装する際に、考慮すべきことを書いていきます。

前提としてUnity5.3以降のバージョンを対象とする内容になります。

自身で検証できていないものもあるので、世の中に溢れている情報から考慮すべき事項をご紹介、ということでご容赦いただければと思います。

実例を知りたい方は次の記事(AssetBundle設計のとある形)を読んでいただければと思います。

 

Keep Reading

Unity IAPを試してみた

こんにちは。ネイティブエンジニアのszです。

Unity5.3で公式サポートされたUnity IAP(In App Purchasing)の機能について、動作を確認してみました。
メモ程度の情報ですが、まだあまり情報がなさそうなのでご紹介したいと思います。

Keep Reading

オンライン時代を経たネイティブアプリのデータフロー(前半)

こんにちは。ネイティブエンジニアのszです。

今回はアプリ開発において、クライアント側で考えるべきデータフローについてお話します。

社内で勉強会を行った内容を前後半の記事に分けてお届けします。前半は導入部分になり、エンジニア以外の方にも伝えたい内容となっていますので、ぜひエンジニア以外の方にも一読いただけたらと思います。

Keep Reading

とあるアプリボットのアプリ開発体制の紹介

こんにちは、ネイティブエンジニアをやっているszです。

今回はよくある技術ネタから趣向を変えて、アプリの開発体制についてご紹介したいと思います。

紹介するのは、現在リリース中のサービスである「グリモア~私立グリモワール魔法学園~ 」と、現在新規開発中のタイトルです。

アプリ開発は「会社の文化」・「なにをつくるのか」・「どういったメンバでつくるのか」等により様々な体制があると思うので、参考になれば幸いです。

Keep Reading